治療機器 紹介

ここでは、当院で使用する治療機器について紹介します。

​手技的マッサージ療法と組み合わせることでさらに効果的な治療を提供します。

SSP治療器

 

 電気刺激による治療です。

シルバー・スパイク・ポイント(silver spike point)の略で俗に「刺さない鍼治療」ともよばれています。
 安らいでいる人の脳などに現れる現象を人為的に発生させるプログラムがはいっています。
 これらによる刺激で体内の鎮痛物質の分泌が促進され、即効的な鎮痛効果を得ることができるため腰痛、関節痛、腱鞘炎、肩凝り、捻挫などに用いられます。

超音波治療器

 

 超音波とは、1秒間に10000回もしくは30000回の音波振動を患部に伝える事で深部または浅部に高速度ミクロマッサージ刺激を与える機械で、周波数や電気の強さを調整することで次のような効果があります。

 1.捻挫や骨膜炎など、急性疾患における消炎鎮痛作用  

 2.慢性疾患における温熱作用

​ 3.肉離れの治療

メドマー

 

 空気圧による一定の加圧で下肢をマッサージする器械です。

 足の太さに合わせた加圧を行いますので、血行を阻害することなく、局部的な痛みや電気的刺激もないのが特徴です。

 近年注目されています「ふくらはぎマッサージ」。

むくみ解消はもちろん、冷え、疲れ、その他様々な効果を得られます。

遠赤外線

 

 筋肉の硬さや痛みは極度の血行不足から起こることが多くあります。

​ 患部を施術しながらこの遠赤外線で体の芯から温めることでより一層治療効果を高めます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now